スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアのVIZAをとる!その1

さて このところ急にロシアに縁があるが(・・・というか もともとか!?)
ウラジオストクに住むいとこが 娘に夏休みにおいで!とお誘いがあった
いとこがモスクワにいた時は はるか遠いような気がしたが
今住んでいる ウラジオストクは近い! 地図で見ると日本のすぐソコ!
なので 最初は成田から直行便に乗せて ウラジオストク空港まで迎えにきてもらえば
楽勝ではないか♪ と娘に進めていたが
色々と調べていくと 
近いとはいえ なかなかハードルの高い遠い国であることが判ってきた
娘ひとりでやるには不安・・・
そして 私の中にもムクムクと好奇心が!!
よし! 私も一緒に行こう!

決まったら行動あるのみ!
まずは パスポート!(笑)
何をかくそう 新婚旅行以来 日本から出ていないので
パスポートは期限切れ
この後の旅行の予定もないが 娘と二人 10年のパスポートを取った
パスポートセンターに行ったら
いるわいるわ 人人人!
赤ちゃんも子供も お年寄りも・・・ みーんな海外に行くんだぁ・・・とびっくり
ちょっと老けてしまった 私の写真に不満ながらも
パスポートの次はVIZAを取らなければならない
旅行会社にホテルを頼めば そのホテルで発行してもらえるものが
個人では どうして良いのかさっぱり判らない
ロシア領事館のサイトに書いてある 招待状をいとこに送ってもらわなければならないらしい
いとこに聞いても いとこが取る!と言ったり
私にこちらで取れ!と言ったり 
よく判らないやり取りのあと 結局いとこが ロシアの旅行会社で
私と娘のバウチャーを取ってくれた
領事館のサイトには 招待状の原本 と書かれてあるが
いとこが送ってくれたのは PDFのバウチャー
大事な書類・・・PDFでいいんかい!? という疑問と
ロシア語で なんて書いてあるのか判らない不安な書類
ロシアの旅行会社のメールには親切にも!?英語で
「これを印刷して 領事館に持っていけ」と書いてある
(もちろん翻訳サイトにかけて訳したのは言うまでもない)
はたして この書類であっているのか・・・
まだまだ不安は続く・・・





スポンサーサイト

領事館に行ってきた~続き

さてさて 狭い通路と階段!
オトナ二人並べないし 手摺もないので
伯母のシルバーカーを持ってあげても そのシルバーカーを放した手をつかんであげることができない・・・
何段かしかない階段を やっと登り 扉をあけると
狭い空間に 長椅子がおいてあり 誰もいない
ひとつだけの窓口にも・・・誰もいない
銀行のような 番号札の機械があったので 札を抜くと
奥からステキなロシア人のお姉さんが出てきた

伯母がロシア語で 用件を伝えて書類を渡すと
向こうも何やら言っている
私の顔をチラチラ見るのだが 何を言っているのかさっぱり判らない私は
うなづきもせずに じっとやり取りを見ていた
「チョット マッテクダサイ」と日本語で言うと 奥に行き
代わりに キレイな若いお嬢さんが出てきて 日本語で話はじめた
要するに 伯母は必要な書類を持って来なかったらしい

そうこうしているうちに 私たちの次にロシア人の 姉と弟!?らしき二人組が 入ってきて座っていたのだが
突然 その金髪のお姉さんが 私に「○○って言っているのよ!」と
かなり上手な日本語で(というか 普通のアクセントで!)教えてくれた
「おばさん~日本人じゃないの? なんでその手続きしているの?」と 聞いてきて
私が簡単に説明している間に 
問題の用件の方も 「今回だけですよ!」と 手続きをしてくれた
その やりとりの間 受付のお姉さん二人も 話しかけてきたお姉さんも 
みんなニコリともしない
みんな親切なのに 真顔って・・・。日本人の私は すごい違和感

無事に書類もいただいて さあ帰ろうとしたとき
もうひとりいた弟と思われる青年が さっと立ち上がりドアをあけてくれた
ここも やはり思いっきり日本人の私 ドギマギしてしまう(イケメンだし!?)
あれ? ロシア語でありがとうって何て言うんだっけ? 判らん!
Thank you!じゃおかしいか!?と あれこれ考えているうちに 
伯母は平然と日本語で「ありがと!」と通り抜けて そのあとを私はモゴモゴと(笑)
そして 登った階段は降りなければならず 私がシルバーカーを持った所で
その青年・・・
「それ・・・持ちましょうか?」と これまた普通の日本語で(笑)
冷静に考えると お姉さんがしゃべれるんだから 弟も話せるよねぇ
しかし これまた対処できない私は モゴモゴと大丈夫・・・みたいなことをつぶやき
なんともスマートじゃない私 あ~ぁ

でも 親切なのはロシア人だけじゃなかった~この日
電車を何個か乗り継いて行ってきたが
エレベーターに乗るのを 声をかけて待ってくれたり
シルバーカーを持ってくれようとする 日本の殿方もちゃんといたし
もちろん 電車の席も譲ってくれた
お年寄りと歩いてみると 東京の街もなかなか親切であふれていて
ほんわかした一日だった

その後 知ったこと
ロシア人は あいづちをうたないらしい  相手をじっと見ていることが聞いている証拠らしい
もしかして 受付の人 私がじっと聞いていると思ったのかしら?
判らないから うなづかなかったのだが!?
思えば ロシア人のいとこは  よく私の父に「判ったのか?」と 念を押されてた
こちらから見たら うなづかないから聞きたくなるよね
伯母と別れて 帰りの電車で 一人になった時に
隣の席で 韓国人が会話していて
「ネーネー イェーイェー」と めっちゃあいづちを打っていて
なんだか面白かった

最後に 今なら言えます
スパシーバ!!!

領事館に行ってきた

5月のある日 伯母とロシア領事館へ行ってきた
長年 ロシアに住んでいた伯母の用事の付き添いだ
シルバーカーを押しながら ゆっくりゆっくり歩く伯母と電車を乗り継いで
なんとか神谷町。
サミット前の警戒中で あちこちに警察官がいる。
以前 伯母が行った時 駅から領事館の坂道がきつかったので 
そんなに距離はないが タクシーに乗りたいと言う
「タクシー乗り場」と書かれた出口から 地上に出てみたが
どこにもタクシー乗り場が見当たらない
ちょうと 警察の方が二人いたので 乗り場を尋ねたら
「私 応援で来てるもので・・・」と 判らないらしい
大通りでタクシーは何台も流れていたので 領事館の方向だけでもと確認すると それも??? 
おまわりさん・・・ この辺の大使館の位置も把握していないで
何の応援に来てるのか!?

信号待ちで停まっていた タクシーをつかまえ領事館へ~
・・・後日 この坂道をひとりで歩くことになるのだが
確かに 距離はないが ずーっと坂道を上るので 
なるほど 伯母にはキツイ道だ

大使館の前を通りずぎ 向こう側が領事館
通りには 警察のバス!?が 何台も停まっており 
警備の人も たくさん!!
伯母いわく バスが1台多いくらいで いつもと同じ警備らしい
ミーハーな姉に 「大使館の写真を撮ってきて!」と 頼まれていたが
建物は塀の向こうだし 職員が住むマンションらしいものしか見えない
それに なんだかカメラを向ける雰囲気ではないのでやめておいた

あまり歓迎されているとは言えない感じの
重い鉄格子を押して いざ中へ!!
「せまい・・・」 通路が狭い
ビザの申請の方は右側へ  ロシア国籍の方は左側へ
「ぽむちゃんが ビザとりに来る時は あっちね」と 伯母が右側を指し
私たちは 左側へ・・・
私だけでは 足を踏み入れられない場所に行けるって ちょっと嬉しい(笑)

久々に再開!

ずーっと ほったらかしだったこのブログ。
最後の記事から 3年もたつ・・・。
子供ももう社会人と大学生
このブログをせっせと書いていた頃は  早くオトナ同士の話がしたい!
オトナになったら ラクになる!
と 思っていたが 残念ながらそんな事はなかった
オトナになった分  よけい面倒でハナシが通じない
なんてことだ!!

いやいや・・・子供たちのグチを書くために再開した訳ではない

ずーっと 単調すぎる私の生活に ちょっとだけ
珍しいことがおきているので その事をちょこちょこ書いていきたいと思う

高校野球を見て思う・・・

普段 私は野球を全く見ない
野球も相撲も 
実際 動いている時間よりも バットを振っていたり
シコをふんでいたり・・・の 待っている時間がイヤなのだ
その点 サッカーは ずーっと選手が動いているので
だらけだ試合以外は 楽しむ事ができる

しかし ムスメの高校が準々決勝に進み
ムスメは球場へ応援に行った
私はTV放送があるというので TVの前で応援だ
ムスメが通っている高校でも 
地元の小学校や中学校ではないので 知っている子は出ていないのが残念

見てみたら 楽しいではないか 高校野球!!
私が嫌う所の ダラけた所が全くない

ピッチャーの子も すぐ投げるし
バッターの子も さっさと構える
交代も早い
CMの間に進んでしまうくらい早い
いいねぇ♪
プロ野球も 節電の為に 何やらを早くしたらしいが(スミマセン ちゃんと判ってません)
きっと この子供たちには及ばないであろう
なんて 見てて気持ちのいいことだろう!!

残念な結果に終わってしまい
泣いている選手たちに ホロリときたが
私は爽やかな気持ちになれた

その後で ふと思った
この子たち 夏期講習 申し込んであるのかな?
負けたら もう受験勉強だ
でも 負ける前提で申込みたくないよねぇ。。。とか
ささやかな疑問である
プロフィール

ぽむなん

Author:ぽむなん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。